穏やかな:2016/12/13記

 

もしもなんて考えたくもないのだけれど

ようやく結論が出た

失うことがわかっていても

わたしはいまの道を選んだだろう

だって前の状況でずっと一緒にいても

結果は同じだったと思うから

 

胸の痛みはまだまだ続くけれど

それがここちよくもある

貴女のことをとても大切に思っているこのきもちは

全て本当だとずっと確信していられる

 

穏やかな悲しみ

穏やかな苦しみ

穏やかな恋しさ

それ以上に巡り会えたことの喜び

 

もっと一緒にいたかった

 

全部忘れないのだ

 

過去にとらわれているわけではない

 

貴女がいまどこにいるのか

多分わたしがおもうところにいるだろう

どうでもいい

どこにいても変わらず、ずっと、

 

待ってはいない

全て受け入れているつもり

待つと、一生待っていることになるだろうから

待っているということは、とらわれているということかもしれないから

 

 

貴女のことを思い出す時は

純粋なきもちのときだけでいたいんだ

いまのことからひっぱられるように

思い出したくはないんだ

 

わすれたくない、わすれるものか

穏やかな、、、

 

あのね

何もかもは覚えていないかもしれないけれど

目を瞑ると、ちゃんと貴女の顔を思い出せる

炊飯器で焼き林檎をよく作ってくれた

あの味も思い出せる

 

 

 

嬉しいのは

わたしのきもちは何一つ歪んでいないということ

そして貴女だけでなく、沢山の友人に恵まれていて

同じように愛しているということ

 

また一歩進む

不眠症が酷く、約半年ほど続いたので、

今日思い切って、病院に行きました。

精神科や心療内科って、本当に当たり外れが多くて

良いお医者さんとめぐり合うことだけでも大変なことなのです。

いままで4人の主治医がいたけれど、そのうちの2人は、

きちんと自分の頭で正常に考えられるようになっても

頭がおかしい人で酷い言われようを受けたなあと思うからです。

いままでの診断は、概ね間違っていると思います。

なぜならば、原因となることのほとんどを言っていなかったから。

でも、今日初めて行ったところで話しました。

すごく良い先生にあたった...

多分いままでの診断はほぼ間違っているね、と言われ。

そんな薬飲んでたの?それは辛かったね、

そしてよくなるために頑張ろうねって、

すぐカウンセリングの先生紹介してくれた。

愛情深い先生。

何にもできずにただ布団の中にいる時間が多いのだけれど。

それでも少しずつ、頑張ります。

今日診察のときに泣いてしまった。

どうして泣いているのか、教えてって言われ、思わず、

生きていることが嬉しいのです、と答えてしまった。

 

広告を非表示にする

なんなんなん...

ずっと昔、嫌な人にしか会っていない時がありました。

慕っていた人から、道端の人から、好きな人から、仕事関係の人から、

一体どうしてあれだけのことがあったのか、よく分かりません。

とても酷いものでした。

 

でも、いま、好きな人、良い人にしか会わないのです。

それが最近のことではなく、一年くらい。

いろんな人と出会って、なんて素敵な人なんだ、と思いっぱなし。

それは、大学でもそうだし、他でもそうだし、

学歴や地位やお金なんか関係なく(そしてこれは重要なことだと思っていた時期もあるけれど、表面的なもの以外の何の効力も持たないと気づいたし)、誰もにそう思います。

 

わたしの思考が変わったからって思うかもしれないけれど、

それもあるけれど、精神的にも身体的にも脅かす人が、本当にいなくて。

こんなに暖かくて素敵な人たちとずっと一緒にいたいなあと思います。

広告を非表示にする

許すということ わたし自身の言葉で

許すということ。

許せないことに許せない自分を許した、あの時から少したちました。

そうして、わたしは今日ある人に許されました。

 

愛は語るものではないと

敬愛する多くの先人たちは言います。

愛するということは凡そ言葉に完璧に表すことはできないということだと

しかし、今日愛することと許すことは似ているな、と思いました。

 

2017.02.13.

今日は皮膚科に行った。

一度、お子さん連れに席を譲ったら、

病院から出たのに戻ってきてありがとうございますと言われた。

もう一人、こどもが座りたくてぐずっていて、

お母さんと一緒に座れない席だったから、

周りの人に頼んで、一番端の席を空けてもらった。

病院にきているくらい辛いのだから、

泣きたくなるよね、とおもいつつ。

お医者様も受付の方も、丁寧な人。

薬剤師さんも丁寧な人だった。

 

そして何だか、美しい世界にいるなあ、と思って、泣きそうになった。

 

よく、わたしのしていることは特に男性から見ると

偽善に思うらしい。

何度も何度も言われ、事実何が善か偽善かわからない。

ただ、一つだけ、わたしは自分の利益のためとは全く思っていない。

しかし、いつも自分の行動は偽善なのではないかと最後に考えてしまう。

思い当たるとすれば、

些細な時、自分が困っていた時に先のようなわたしの思いを

思い出して、微笑んで欲しいとは思っている。

 

広告を非表示にする

昨日のわたし

そうなのです

わたしが一番に愛すべきはわたし自身です

 

今が辛ければ、

過去の堪え難い経験を思い出せば良い

山を登ってきた

ほら、振り返ればもうこんなにも遠くにいる

降りるのはやめよう

足元を見返して

ああ、ちゃんとここにいるのではないか

 

見た目や肩書きに騙されてはいけない

目に見えないものを感じなくては

一色単にされるのが嫌いです

”この人はこういう人だ”なんて決め付けるのは

とても愚かしいことです

しかし、過去のわたしの仲間であったはずの見た目の人には

もう受け入れられることはないのです

わたしのことはわたししか知らないのです

わたしの思いは

 

どんなに周りからどう思われていようとも

今まで生きてきて、これからもいきるであろう

わたしの人生を誇りに思っているのです

 

先人たちがいるということはとても救いになります

迷った時、行くべき道を照らしてくれるから

 

わたしは選びとってこの道にいます

そして、今後も

 

過去の自分を抱きしめてあげたい

未来の自分に抱きしめられたい

 

わたしは、わたしのままでいいのです

広告を非表示にする

ひと

自分のキャパが狭すぎます

人と会いすぎると本当にダメです

一ヶ月に二三人としか遊べません

それはきっと寂しくなるからです

一人に慣れていた方が

自分のためになるからです

広告を非表示にする