読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.10.25とホットミルク

6:30 起床 二日ぶりにお風呂に入る。 さっぱりした。 体が思うように動かなくて数日ぼんやりした。 今日も大学から帰って、荒れ果てた部屋を元どおりにしただけ。 さて。 イシュ・パテルのビーズゲームを見ようと思い、『年をとった鰐 山村浩二セレクト・ア…

虫の名前を知らない

所沢校舎はとても季節を感じるにはいいところです この間授業終わりの夕暮れ時に、学食の外のベンチで夕飯を食べていたところ、ギターの音が聞こえて(何かの発表だったみたい)、それにあわせてタバコなど吸い、木々は暗闇に身を潜めて街灯が後ろで光ってい…

グルグルの渦

目の中は本当にまっくらだった ひとの絶望と孤独に触れて こころが凍えて身動きできない わたしに希望を抱き、わたしを軽蔑する そういうことをする必要はない ハッとする瞬間

グレープフルーツジュースと2016.10.19

わたしの父は超完璧に生活リズムを整えており、それが乱れたことは一度しか見たことがない。「七人の侍」見たときのこと。「あまりの面白さに興奮して寝られない」と言っていた。その時の父の目は血走っていたので覚えている。勿論初めて見たわけでもないけ…

2016.10.17

6:30 起床 20:40 までに課題を一つ終わらせ、藤村シシンの『古代ギリシャのリアル』を少し読み、セルジュ・ゲンスブールの「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」(1976)を見た。 23:30 英語の勉強終了、就寝予定。 この大学に拾って貰ったのに教授に失望さ…

2016.10.9

7:00 起床 最近意味わからないほど寝られなかったり寝すぎたりするけど、ちゃんと寝られてよかった。 K教授の話にきちんとついていけるようになりたいという不純な動機で、映画館というわたしの苦手なところの一つである場所へ行った。(少し神経質すぎるの…

2016.10.6

1:30 就寝 6:30 起床 今日は2限からの授業だったが、余裕を持って1時間前には大学に着いた。 学食の裏でボンヤリしていると、何か胸がチクチクした。 本当に今年のもう2度と来ることのない夏が終わったのだ。 そして秋の香りがだんだんと近づいてきている。 …

眠れないので現代思想の書籍を読んでいて、驚いたことをいくつか。 ソクラテスもプラトンも、卑弥呼より前に生きていた これやばない? ソクラテスは紀元前399年に死没、プラトンは紀元前347年に死没、卑弥呼は紀元後247年だよ??? ニーチェ著の『ツァラス…

2016.10.4

今日は最近の新規の出会いに興奮していたためか、昼まで寝込むように眠りに落ちていた。 一度外に出なければならないと思ったので、近所の古本屋へ行く。 そのお店のマスターにオススメしていただいた、柴田翔『贈る言葉』を読んだという話を母親にすると、…

2016.9.29

6:00 起床 18:00 大学を出る 21:00 食事もろもろ終わる 今後の予定 22:00 風呂・読書 23:30 英語の勉強を終える 24:00 就寝 『サンセット大通り』(50)が大好きすぎますが(多分ビリー・ワイルダー作品は本当に好き)、その年のアカデミー賞は主演女優賞な…

考え事

今日とてもモヤモヤしていて これを言語化する必要性はあまりないのだけれど、自分の思考をまとめるために、やる。 カフェーで隣に座ったカップルらしき人たちが、物凄い酷く職業差別や人種差別の話しを大声でしていたんです。 流石に、非常に気分が悪くなり…

最後に。

わたしは人の話で好きなのは 自慢話や惚気や苦労話なのですが みんなもっとしてくれ〜〜と思ってます。 話すときの幸せそうだったり、昔を思い返している姿がめちゃくちゃ好き。 いいよねえ本当に だからみんなもっと話してくれ〜〜

夏休みが終わらない

夏休みが終わらない。 11年間、夏休みの宿題はギリギリまで終わらない方だった。 12年目の今年ばかりは絶対に終わらすと決めていたけれど、やはり終わっていない。 今回変わったことといえば、焦っても仕方ないし、と落ち着いているところである。 夏休み。 …

つづき

”未成熟な人間の特徴は、理想のために高貴な死を選ぼうとする点にある。これに反して成熟した人間の特徴は、理想のために卑小な生を選ぼうとする点にある。(ウィリアム・シュテーケル)” 糸井重里氏のエッセイを読んでいて引用してあったし、ライ麦畑でつか…

ライ麦畑でつかまえて

一番好きな本は、きっと生涯「ライ麦畑でつかまえて」だと思います。 付随して、色々な思い出があります。 この間、本屋さんに勧められて、翻訳者の読み比べをしました。 野崎孝氏と村上春樹氏の。 野崎氏独特の言い回しは、はじめ読んだ時は慣れなかったの…

また考えなくとも良いことを考えている

正しさとは、正しさとは、正しさとは 正しいなんて多分無いのだろうなあ 例えば、攻撃的な言葉が当事者でないわたしを傷つけ、いろいろなことに思いを巡らせ、 ついにはその人の精神分析を想像するのだけれど 理解したい気持ちとともに、 物事の本筋や正しい…

考えること

考えるということについて、随分考えています。 わたしたちが今を生きる上で、個人的なものから社会的なものまでの問題に対して 全て誠実に考えようとすると、必ず自分の無力さを感じ、 もし何か解決しなければいけないと思うのならばそれは何個かに絞らなけ…

少し得意な気分になる時

もう、何週間も前のことだけれど 近くの大きな公園で夜ランニングしていたら ふと、「ああ、セミは今日が山場だなあ。 命の声が聞こえる。」 と思ったんです。 どれくらいいるかわからないほどのセミに向かって、 おつかれさん、また来年ね、 とこころの中で…

難しいほうを

きっと、絶望するほうが楽です。 今日という日を瑞々しく、期待に胸を躍らせて生きるより。 どちらも正しいけれど、どうせなら難しいほうを取りたい。 今年も怒涛のような日々でした。 今から考えると、間違っていた選択や、 恥じる出来事はたくさんあるのだ…

2016/08/29

昼前に起床し、古本屋カフェーへ。 コーヒーなどが一律300円である。通いやすい値段。 どくとるマンボウシリーズを購入。 居心地が良かった。本にかこまれて、誰かと一緒の空間で、黙々と本を読むのは楽しいことなのか、と発見した。 帰りがけに、「世界の果…

思い思いの世界で

いろんなひとがいろんなことを言う わたしの見ているものは違うって言う でも、わたし、 わたしが信じる世界で生きるよ。

今日は美輪明宏氏の「愛の話幸福の話」と、小林賢太郎氏の「僕がコントや演劇のために考えていること」を読んだ。たいそう共感した。こういう、自分が好きなひとがかいた本を読んで、それにたいして同じような意見を持っていたりすると、ああ、間違ってない…

馴化

人間どうしても馴化します 馴化というのは、心理学を熱心に学んでいた(自分に対する精神分析学にはまっていた)時に知った言葉で、ざっくり言いますと、何でも慣れるということです。 これをうまく使って、楽しいことは中断しながらやることや、嫌なことは…

島皮質

島皮質について https://ja.wikipedia.org/wiki/島皮質 人はあらゆる場面で何かを失う時に大脳皮質の島皮質が不快感を認知してマイナスな気持ちになるそうな。 ということを知ったので、島皮質とはなんぞやと調べてみたはいいけれど、何が書いてあるかほとん…

虚構の上の真実

真実なんて知らなくてよいと思う。 人は、みんな救われたがっているのだと実感したことがある。 真実が発覚したときに、2.3日寝込み、殆精神が疲労したことがあった。 インターネットではバカにされ、エンタメとして皆が面白がった。 その時に彼を知っていた…