思いの外、誰かを失うということは 悲しくて、胸がずっと痛くて、 どうしても前向きになれず、 そもそもどうして前向きにならねばいけないのかと 逆ギレしてしまうほどに、 穏やかに、穏やかに、 悲しみが、降り積もって、 どうにもならないのです 積もれば…

年始早々大興奮

うおおおお hermitage2017.jp 今更気づいたのですが バトーがきますううううう!!!!!!!! もう、最高でしかない、最高でしかない。 あわわわわわわわあわわわわわ というかロシア行きたい、もう。。。

あけましておめでとうございます

ここのところ、ずっと、実家に帰っています。 うちの家族は、誰かが出かけることに気がついたら 玄関で見えなくなるまで見送ります。 昨日、献血をしてからというものの痛む血管を 母親がテレビを見ながらずっとさすってくれました。 お互いがお互いを気遣う…

終わりの終わり

この一年、格差についてとても考えてきました。 日本や、海外、時代、様々な観点から考えて、 悪い点もあれば、そうでない点もあることに気がつきました。 宗教改革はルネサンスの衰退に繋がりました。 豊かな芸術が生まれるには必ずと言っていいほど 莫大な…

バトーが好き

日本人的なのだろうかと思うのですが ジャン=アントワーヌ・バトーが好きです もののあはれ的思考なんだろうなあと思います 彼の絵の中の切ないものが好き 華やかなのに陰鬱で儚いところとか どっちかわすれたけれど、 カラヴァッジョかレンブラント的な光…

今日こそはあたたかい気持ちを抱いて

今日も、沢山の悲しみを、居心地の悪い思いを、誰かの悪意を、感じた でもそうじゃないことのほうが多くて 暖かさや、明日に対して希望で胸がたかまる 会話の中のひととの繋がり、鼻にツーンとくる寒さ、 いろんな色を感じて、 やっぱり今日もドキドキした …

こころのおきばをずっと探している あ、ここじゃなかった あっちでもないしな そういうのではなくてほんとうは 自分でつくるものなんだけど しらないからだ、できないのは わたしは雲みたいだなあ

ぽろぽろ

いろいろありまして ながい戦いが終わりを告げそう 泣 人生は一筋縄ではいきませぬな 安心してホワ〜っと眠気が来ました 母親が都内まで来てくれた ああこの人はじぶんのこと死ぬまで好きなんだって思ったし わたしも死ぬまでこの人のこと好きだなって思った…

ききてきじょうきょうにおりまして

いきつぎする暇がなく、たまに出来た時間も放心状態で過ごしてしまい。。 今日もまたボンヤリしておった。。。 今日から4日連続の課題提出。 頑張れ〜〜〜! でもなんで?なんでボンヤリしちゃう? 頑張ってよおおおわたし。。

かをり

ふゆのかをり ふとんふかふか 洗いたての髪の毛の匂いを嗅ぐ ぬくり ホワホワ ぴゅーっと飛んでゆきたい 幽体離脱みたいに思いを馳せて ここちよい孤独 特になにごともない日々が愛おしい こどく。 ふゆのかをり

『おみおくりの作法』(2013)をみて

イギリスとイタリアの合作で、静かな静かな映画。 孤独死した人の葬儀を行う為に、亡くなった人の知り合いを探したり、葬儀に参列したりする仕事をするひとの話し。 一貫して青を基調に取り入れている映画で、静かに最後は少しだけ涙が出てしまった。 毎日、…

せめて自分は

せめて自分は、自分のことをきちんと認識し、受け入れなければ 人に優しくなれるように 穏やかにいられるように ニコニコしていられるように 毎日そう思うけれど、ひょんなことですぐ忘れてしまう だから毎日寝る前に、いいきかせようと、自分に。 優しく、…

目で救われること

わたしは空気を読まず、誰からも嫌われても構わず、 好きなことを好き放題していました だって人のことばかり気にしていたら 自分の好きなようにできないもの でも最近気がついた 誰のこともどうでもいいからそう思えていたんだなあ 今現在変わったところは…

間違ってないこと

今日、朝になってようやく眠れて、お昼に目覚めて ああ、生きていると思いました それから、なんやかんや思うところがあり、 少し暗くなっていました 自分の目指すのは、毎日を瑞々しく希望を抱きながら生きること 楽しむことがすべてであるように生きること…

許すということ 人の言葉を借りて

お隣が寝かせてくれなかったぜ 諦めました 日の昇る前におはよう あ、少しずつ空が明るくなってきた カーテン開けよう 眠れないあいだに じぶんがこれまでしてきた嫌なことがフラッシュバックしてきていた あのさ、嫌なことをされるより、してしまう方が思い…

つづき

ああ、でも、せめて、美しくみえるよう、生きなくてはと思うよ いつか、ふとした瞬間に、自分のおこないで誰かが救われることがありますように そんなことを目的にしてはいけないのだけれど はじめて会った人なのに、その人の波長が めから、はなから、みみ…

なんにん

毎日毎日別人のように過ごしている気がします 昨日は、課題の提出で胃がキリキリして でも、多分この間先生がボロカスに言いすぎた感を自分で反省されたようで(そんなことされなくていいのに) なぜか「よくがんばりました」と言われました でもね、ちゃん…

画力

感じたものを自分の思うままに再現できる力が欲しい それだけです

世界を正しく認識しようとすると

世界を正しく認識すると絶望すると思うんです。 今も、将来も、とても自分たちで解決し得ない問題が多いです。 認めたくないけれど、複雑化した社会の問題は、恐らく人類が生きている間解決しないものもたくさんあります。 今年に入って、絶望の目を持った人…

自分の思うことはすぐ忘れる

世界が、空気すらもキラキラして見えるときがあります。 「ピアノを弾くときは、空気に色をつけるようにしなさい」 これは、昔ピアノを習っていた時に先生が言った言葉で、一番印象的な言葉です。 たしかに、空気には色があるようです。 目に見える形であれ…

二十歳になる前に書いた日記

課題の途中ですが、数年前に書いた日記が個人的にグッときたので、投稿します。 こういう自分がいたから、今全然がんばってないと思うし、そして今もいろんなことがあって、わりとハードモードだけれど。 誤字脱字もそのままに。 当時はよく未来の笑っている…

私が一番幸せであると思った時

朝、太陽の日差しで目を覚ます。 着替える時の肌寒さが日に日に増してきている。 肌が乾燥してきたので、乳液を買う。 帰ってから早速使うと、皮膚が、まるで粉なんて吹いていなかったようにしっとりとしている。 1200円の乳液は随分前のものだろうか、半額…

2016.10.25とホットミルク

6:30 起床 二日ぶりにお風呂に入る。 さっぱりした。 体が思うように動かなくて数日ぼんやりした。 今日も大学から帰って、荒れ果てた部屋を元どおりにしただけ。 さて。 イシュ・パテルのビーズゲームを見ようと思い、『年をとった鰐 山村浩二セレクト・ア…

虫の名前を知らない

所沢校舎はとても季節を感じるにはいいところです この間授業終わりの夕暮れ時に、学食の外のベンチで夕飯を食べていたところ、ギターの音が聞こえて(何かの発表だったみたい)、それにあわせてタバコなど吸い、木々は暗闇に身を潜めて街灯が後ろで光ってい…

グルグルの渦

目の中は本当にまっくらだった ひとの絶望と孤独に触れて こころが凍えて身動きできない わたしに希望を抱き、わたしを軽蔑する そういうことをする必要はない ハッとする瞬間

グレープフルーツジュースと2016.10.19

わたしの父は超完璧に生活リズムを整えており、それが乱れたことは一度しか見たことがない。「七人の侍」見たときのこと。「あまりの面白さに興奮して寝られない」と言っていた。その時の父の目は血走っていたので覚えている。勿論初めて見たわけでもないけ…

2016.10.17

6:30 起床 20:40 までに課題を一つ終わらせ、藤村シシンの『古代ギリシャのリアル』を少し読み、セルジュ・ゲンスブールの「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」(1976)を見た。 23:30 英語の勉強終了、就寝予定。 この大学に拾って貰ったのに教授に失望さ…

2016.10.9

7:00 起床 最近意味わからないほど寝られなかったり寝すぎたりするけど、ちゃんと寝られてよかった。 K教授の話にきちんとついていけるようになりたいという不純な動機で、映画館というわたしの苦手なところの一つである場所へ行った。(少し神経質すぎるの…

2016.10.6

1:30 就寝 6:30 起床 今日は2限からの授業だったが、余裕を持って1時間前には大学に着いた。 学食の裏でボンヤリしていると、何か胸がチクチクした。 本当に今年のもう2度と来ることのない夏が終わったのだ。 そして秋の香りがだんだんと近づいてきている。 …

眠れないので現代思想の書籍を読んでいて、驚いたことをいくつか。 ソクラテスもプラトンも、卑弥呼より前に生きていた これやばない? ソクラテスは紀元前399年に死没、プラトンは紀元前347年に死没、卑弥呼は紀元後247年だよ??? ニーチェ著の『ツァラス…