今日は美輪明宏氏の「愛の話幸福の話」と、小林賢太郎氏の「僕がコントや演劇のために考えていること」を読んだ。たいそう共感した。こういう、自分が好きなひとがかいた本を読んで、それにたいして同じような意見を持っていたりすると、ああ、間違ってないのかもしれない、と思う。

 

この二冊に共通していることは、『誰にでも理解のできるように書かれていること』。

わたしは、丁寧な言葉が好き、ほんとうは少し気取った文章が好き。

簡潔に書くということは、高度な技術や経験やありとあらゆることが必要で、わかるひとにはすぐ、このひとは空っぽだな、だとか気づかれてしまう。

このお二方のように、必要なものを抽出して、なおかつ誰にでも読めるものをつくり、今後わたし自身身を結ぶような、何か結果が出た時の核の傍に寄り添うような言葉を紡ぎ出せるひとは、よく考えている人なのだと思う。

 

広告を非表示にする