読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少し得意な気分になる時

もう、何週間も前のことだけれど

近くの大きな公園で夜ランニングしていたら

ふと、「ああ、セミは今日が山場だなあ。

命の声が聞こえる。」

と思ったんです。

どれくらいいるかわからないほどのセミに向かって、

おつかれさん、また来年ね、

とこころの中で思いました。

その次の日、同じ公園を散歩していると、

昨日より声が小さく、弱くなっていて、

その時に昨日感じたことはあっていたと、

ささいなことに気が付ける自分が少し誇らしくなりました。

今年のセミの声はなんだか心地よかったなあ、と思うのですが

多分自分の心持ち次第なのでしょう。

今年も自分が更新されたように感じます、沢山のことが...

 

日々を過ごしていると、自分の情けなさにたまに涙が出てしまうけれど…

母親と、父親の顔が浮かびます。

わたしは彼らから産まれたのだから、

わたしもいつか立派な大人になろうと思います。

優しくて、愛情があり、誰のことも対等に接し、

自分の意見や考えがある、家族を大切にする、

そんな人間になりたいです。

決して、自暴自棄にならず。