読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.10.25とホットミルク

6:30 起床

二日ぶりにお風呂に入る。

さっぱりした。

体が思うように動かなくて数日ぼんやりした。

今日も大学から帰って、荒れ果てた部屋を元どおりにしただけ。

 

さて。

イシュ・パテルのビーズゲームを見ようと思い、『年をとった鰐 山村浩二セレクト・アニメーション』(山村浩二氏ほかいろいろな作品が見れる)を見たのですが、フランク・モリスという人が作った『フランク・フィルム』が今年一番の衝撃でないかというくらい衝撃を受けました。

恐らくフランク・モリスであろう人の声が二重になって聞こえてくるのですが、はじめは字幕なしで見て、コラージュ作品であることとその関係性をじっと見つめていたのですが、時折聞き取れる単語におや、と思いまして、次に字幕で見たんです。

彼の過去とこれからについて延々と語っているのですがーーーそれは彼の過去をユーモアたっぷりに包み隠さず話しているように聞こえて、はじめの頃から親しみを感じ、彼と友達になったかのような幻想を与えるものでしたーーーどう終わらせるのかと思いながらも見てみると、最後に言う彼の勝ち誇ったかのような声と言葉に圧倒させられました。今でもある種呪いのようにわたしの中でこだましています。