読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限界までしないこと

あのね、大人になるって、

自分の限界までやらないこと、だと思うのです。

限界まで行ってしまうと、人は壊れます。

でも正しいことではないとも思います。

大人になるって。

 

病気をしてからというものの、

元どおりの生活を望んでいましたが、

ああ、それは多分もう無理なのだなあ、と思います。

すごく神経が敏感になって、

些細なことでも体がついていかなくなってしまいます。

 

わたしは、いままで自分のことを、

熱血行動派と自負していました。

やりたいことはなんでもやってきたし、

胸を張れる経験も多いです。

...人一倍胸を張れない経験も多いけれど。

 

病に倒れるまで、考えてみたら、

1年前から体がおかしくなっていたんです。

1年前からお腹を下していて、

半年前には、手足の痺れと震えが続いていました。

それからどんどん体がおかしくなっていって、

気がついた時には、布団から体を起こすことが出来なくなっていました。

 

きちんと生活をおくることができるようになって、

1年経ちましたが、

もう前の自分には戻れないのだなあ、と、

少し情けなく思います。

 

つくづく、上を見ては、

自分の器の小ささに対して、

恥ずかしく思います。

 

でも、それを、

少しずつ受け入れています。