読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決断とかそういった類のもの

どんな風に見られても仕方がないと思っている

 

また生みの苦しみを味わうことになるのだけれど

わたしのやりたいことは現時点でそれしかなくて

 

でも、でも、

生の喜びを表現できたらと思う

どんなことがあっても表現することにおいては

どんなものであっても構わないはずだから

苦しみ一色であっても、

喜び一色であっても、

何を写したってそれはわたしの中のものだもの

 

きっと一生恋しくなって、

泣いたり、苦しんだりするんだろうな

それがわかっているし、それでいいと思っている

 

だってあなたに会えて本当によかったもの

わたしの人生の中のとても大きな存在だもの

今までも、これからも

 

思い出は美化しがちだけれど

一緒に過ごした瞬間にもとても美しい日々だと思っていた

 

ここにはきれいごとしか書いていないけれど

わたしが懸命に美しく生きようとした証でもあるのだ

 

ああ、あなたは、

元気だろうか、落ち込んでないだろうか、

幸せだろうか、どこかにいるのだろうか、、、

わたしが今もこうして思っていることを、迷惑に思っていないだろうか、、、