昨日のわたし

そうなのです

わたしが一番に愛すべきはわたし自身です

 

今が辛ければ、

過去の堪え難い経験を思い出せば良い

山を登ってきた

ほら、振り返ればもうこんなにも遠くにいる

降りるのはやめよう

足元を見返して

ああ、ちゃんとここにいるのではないか

 

見た目や肩書きに騙されてはいけない

目に見えないものを感じなくては

一色単にされるのが嫌いです

”この人はこういう人だ”なんて決め付けるのは

とても愚かしいことです

しかし、過去のわたしの仲間であったはずの見た目の人には

もう受け入れられることはないのです

わたしのことはわたししか知らないのです

わたしの思いは

 

どんなに周りからどう思われていようとも

今まで生きてきて、これからもいきるであろう

わたしの人生を誇りに思っているのです

 

先人たちがいるということはとても救いになります

迷った時、行くべき道を照らしてくれるから

 

わたしは選びとってこの道にいます

そして、今後も

 

過去の自分を抱きしめてあげたい

未来の自分に抱きしめられたい

 

わたしは、わたしのままでいいのです

広告を非表示にする