読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の香り

眠れない日々は続いていますが、まあ、のんびり行こうかね、という気持ちで受け入れています。

あさ、覚め続けている目を少し擦りながら、近所の公園を散歩していました。

梅の花はもう満開で、散り始めています。

傍に寄ってみると、思いがけず、甘い香りがしました。

梅の花って、結構甘い香りがするのですね。

こんな香りなんだと初めて気がついて、命を感じてなんとも言えぬ感動を覚えました。

 

ずっと自分を呪いながら生きてきました。

両親が納得するような理由の死を、探し求めていた気がします。

でも、本当は生き続けていたかったから、いまもここにいるのです。

わたしは生きるために綺麗事をはくことも、罪悪感を得るための行動も、もう必要ありません。

自分の未来を思い描いて、たまらなく胸が躍り、そして少し目眩がします。

 

広告を非表示にする