読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱さってなんだろう?

先日、「君は弱すぎる」と言われました。

たしかにその通りです。

いままで、自分がしてきたことを人のせいにしたことは

数え切れないほどあります。

理想の中で、守られた世界で生きてきたわたしが、

その中にいられなくなったとき、

絶望に陥り、その世界の矛盾さに屈し、

わたしは果たしてこの先に生きてゆくことができるだろうか、と

考えても考えても答えの出ないことばかりに

思いを巡らせていました。

それで身についたのは、「人に頼る」ということでした。

自分の境遇を泣いてくれる人は沢山いました。

必死で支えてくれる人も沢山いました。

そして、それに自分は救われてきたのです。

 

...一体弱さとはなんだろう?

この世で一番弱く無力である人間は、産まれたばかりの赤ちゃん?

でも、考えてみると、赤ちゃんほど弱くない存在はいないのではないか。。。

弱さ、弱さ、弱さ...

 

考えているうちに、よくわからなくなって、

弱くていいのではないかと

いつも思ってしまいます。