グルグルの渦

目の中は本当にまっくらだった
 
ひとの絶望と孤独に触れて
こころが凍えて身動きできない
 
わたしに希望を抱き、わたしを軽蔑する
そういうことをする必要はない
ハッとする瞬間
 
広告を非表示にする