読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乗り越えない

出会うひと出会うひと、素敵な人たちばかりが多くて、

こういう人たちに共通することって何なのだろう、

自分が好きなひとたちは、過去に壮絶な痛みを経験し、

それを乗り越えている人なんだなって考えていたのですが

いや、乗り越えてないなって思いました。

乗り越えることができるものではないのだ、と。

思い出す頻度が少なくなったとしても、

あらゆる分岐点で思い返し、

その記憶は変容していき、

きっと一生抱えていくのだ、と。

自分の確たるものとして受け止めているのではなく、

それに対する自分の気持ちは流動的なものなのでしょう。

 

しかし、懸命に、何度めげても、

自分が生きることに対して、

諦めても、また復活し続ける。

乗り越えることって重要じゃないですね。

 

一人で飲みに行って、

その日限り、誰か知らない人と話すことが好きです。

何か不思議な力が働く気がします。

求めているものがフッと来たりするからです。

もう一生会わない相手かもしれないとなると

あらゆることを話せるからかもしれません。

 

誰もが、誇りに思う部分もあり、

抱えているものがあり、

それでもその記憶は大切にとっておけるような、

そういう人になるためには、

ああ、今日も生ききったと、

自分に労いの言葉をかけてあげられるくらい、、、

 

私たちの誰もが壊れている。ある点においては誰しもが、とりわけ青年期には、修復できないほどに壊れていると感じていて、みな癒しを必要としている。『キャッチャー』はその癒しを与えてくれるのだ、ただし、かすかに、である。どのようにしてあたえられたかさえに気づかないーー結末に至って、十分に気持ちは高まるのだが、癒しが与えられたとは気づきもしない。ただ、言葉では言い表せないどこか深いレベルで、自分が治癒されたことが感じられるのだ。

 

https://www.amazon.co.jp/サリンジャー-デイヴィッド・シールズ/dp/4041107318/ref=pd_sim_14_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=MA1J4ECY1ZY1BXKKA589www.amazon.co.jp

 

ああ、そうです、

それだったらまだ自分は十分安心が出来て、

このどうしようもない自分と

共に歩めるだけの愛着を持ちながら、

生きていくことができます。

 

広告を非表示にする