2018/07/21 痛みとともに

生きとし生けるものの全ての人にたいして、隣に傍に居続ける人でありたい。

それはその人のためでなく、きっと私のためなのだと思う。

明日のことを考えて生きていない。

 

昨日、大学の友達に借りていた機材を返した。彼女とはもともと大学の同期で、ゼミやディスカッションの場でよく一緒だった。

彼女の三年生の実習では助監督をさせてもらった。

「こんないつおかしくなるか分からない私なんかに大切な機材を貸してくれてありがとう」と言うと、ポカーンとしたのち、「あなただから貸したんだよ〜。」と言われた。

そしてなんども「ありがとう」と言われた。こっちのセリフなのに...

ありがとう合戦をしてしまった。

 

そのあと、病院に行った。頓服薬は全てやめる代わりに、SSRIの服用は10月末までしてくれと言われた。あと、睡眠剤に関しては半分に割って徐々にやめてみましょう、とのこと。

うまくいけば今年じゅうにはやめられるかもしれない。

 

駅前で政治家の人が演説していた。暑いなか。誰も耳を傾けている人なんていなかった。

コンビニで電解水と、電解水が嫌いな場合のために水を買った。

「体調に気をつけてください」とお渡しすると、とても驚かれていて、「ありがとうございます」と言われた。なんか、うーん、私は現政権を支持していないので、他を支持...するしかなく、でも志があるかたに少しだけの希望を抱いている。

私が政治に対してできることはあんまりにも少ない。

ひとつ、来年の春に行われる選挙のスタッフをすることにした。まだできることは少しはある。

 

その近くでこの間の関西の水害の募金を募っている方がいた。

必死に声を張り上げていて、お財布の中身を見たら一万円しかなく、流石にお渡しするとこちらの生活が厳しくなるので、大切な500円玉を二枚お渡しした。

「大きいお札しかなくて小銭でごめんなさい」と言うと、「お気持ちが嬉しいのです。ほんとうにありがとうございます。」と深く頭を下げられた。50代くらいの三人のかた...

頭を下げるのはこちらなのに...

 

 

なんだかやるせなくなり、いつもの神社に行って木を抱きしめた。

そしたらね、蝉やカブトムシなんかの抜け殻がたくさんあってね、それまた美しくて、彼らはもう少し木の上で生きている音がした。

そばに寄って頬ずりして、、、なんだか私たちはないがしろに簡単にしてしまうものをもっと大切にしていかなければいけないと思った。

 

それからまた大学に行き、夕暮れの中人がまばらなベンチに腰掛けて静かに歌った。

スーザンボイルが好き。

 

 

わたしにできることは少ない。

だからわたしにできる限りのことはしたい。

先日のシンポジウムで、性犯罪が潜在化しやすい理由として

「被害者とその家族が訴えを望まないので問題を認知してもらえない」

と弁護士のかたがおっしゃっていた。

裁判できる時効は10年。人によっては40年以上引きずって苦しんでいるかたもいるそうなのだ。そして刑罰はあまりにも、あまりにも軽すぎる。

 

わたしはまだどの人も訴えることができる。

でもしたくないのだ。

なぜかって、辛いからだ。凄まじく辛いことなのだ。証言は法廷で一から聞かれ、加害者側の弁護人に責め立てられ、話題になったら知らない人から攻撃され、安全な日々は終わってしまう。

できない。今度こそほんとうに正気を失ってしまう。

 

そして何ができるかと考えた。

もう少し自分から発信していこうと思う。アプローチの仕方を変えて。被害者側が加害者側ないし未来の加害者に歩み寄らなければ改善していかないことがわかった。

わかってもらうためにはとても丁寧な言葉で静かに継続して伝え続けるしかない。

わたしはそれをする。過去のわたしをうまないために。

「特定の恋人がいないのに指輪つけるのって虚しいね」とある女性に言われた。

うん、虚しい。指輪の意味についてわかってもらいたい人に言われてさらに虚しい。

仕方ないか。わたしの痛みをわかってもらうことはしてはならないんだよね。

 

 

 

生きとし生けるもの全てに生まれながら尊厳があると思う。

それは他人に渡していいものではない。両親ですら奪う権限なんてない。

でも現実は簡単に奪われ、奪い、そしてそれに気がつくには時として時間がかかる。

だからそういう人に向けてわたしの声を発信したい。

もともと持っていたのだから、無くして見失ってしまっても、また持つことはできるんです。自分を大切にするということは、自分の尊厳を守るということです。

誰も教えてくれなかった。でも知ることができた。だから教えるという言い方はおこがましいけれど、わたしはこう思っていますということを伝えたい。

 

 

 

 

 

祈る。

 

 

なんとなく統計学上の人の寿命まで生きられないと思っている。わたしに残された時間は少ないのを感じる。

だから隣る人でありたいのだ。あなたたちと一緒に生きていきたいのだ。

2018/07/20 彼と私

真剣と深刻は違う。いま、少し深刻にかたよってきたので、またまたある作曲家さんとわたしの話をしよう。

 

私「昨日いつも行く神社に行きました。小さな神社なのですが、二本の大木があります。わたしはそこの一つの木のことをとても好きで、疲れたときは抱きしめて勇気をもらうし、わたしが元気なときはいつもありがとうと抱きしめます。公演初日が終わったとき、ヘロヘロになり木に元気を分けてもらいました。ふと見上げると、すぐ近くに蝉がいました。見たことがありますか?生命力に満ち溢れた優しい黄緑色の身体を。透明な羽を。美しくて、、、」

 

彼、一通り相槌をうつなどし、

 

彼「木の水を吸う音を聞いたことがありますか?音が聞こえるそうですよ。特にあさ。今度聞いてみてください。」

 

翌日。

 

私「昨日、水の音を聞きに行きましたが、聞こえませんでした...」

 

これを何日か繰り返す。

 

いつかの日。

 

私「風が吹いている。見えないけれど感じる。わたしの髪はなびく。木々が揺れている。わたしは木の緑の色の違いがわかる。アリが地面を這っている。わたしの脚にアリが登ってくる。わたしは地面の上に立ち、いま、この瞬間を生きている。」

 

わたしがわたしでいるための魔法の言葉。

 

彼「...嘘じゃない(独り言)。(我にかえり)あ、えっと、本当のことを言っているのは確かだった。」

 

翌日。

 

彼「めぐちゃんが言ってたこと、俺も呟いてみたよ。でも分からなかったなあ。」

 

嬉しかった。ちゃんと言葉を聞いてくださっている。

これも知られたら...と思うけれど、彼と過ごした経験は独り占めするにはあまりに勿体ないので、メールから一部引用。

”めぐちゃんの行動や言動で、社会や日常の中でどんどん忘れられて体の奥にしまいこんでしまっているものをたくさんたくさん甦えさせてもらいました”

ノルシュテインさんの話の話の申請書の言葉を体現出来ている人なんだと思います。”

ほんとうにおそれおおいような言葉、でも頭を下げて受け取った。

体現できていないと思うけれど。いたらない。だから死ぬまで考え続ける。

 

ノルシュテイン氏の申請書を丸々引用するのは著作権的にグレーなので、少しだけ。

 

”これは記憶についての映画になるはずです。子供時代には、一日がどんなに長かったか、覚えておられるでしょうか?

毎日がひとりでにはじまり、続き、終わりました。今日という日は今日だけ成立し、明日の幸せは明日という日に持ち越されます。”

 

”私たちは、幸せとは何かを、永遠に記憶しなければならないのです。

それは平和な日が、毎日続くことです。毎日です。” 

 

この申請書でナジム・ヒクメット氏の詩が引用されている。

 

水辺に佇む太陽、ネコ、チナーラ、私と私たちの運命

水はつめたい

チナーラは背が高い

ネコはうとうとしている

太陽はあたたかい

私は詩を書く

ああ、おかげさまで、私たちは生きている!

水のきらめきが、私たちの顔に映える-----

太陽とネコとチナーラと私と

私たちの運命の

 

 

2018/07/19 こどもと性犯罪

性犯罪のシンポジウムに行ってきた。

こども時代に性的暴行にあった人がどういう人生を送るのか、どういう影響があるのかの前編だった。

 

前回行ったときは痴漢がテーマだった。その時にわたしはちゃっかり自分の経験をマイクを使って話させていただいた。

声をかけてきてくれた女性と仲良くなって、彼女が誘ってくれたので行ってきた。とんでもなく辛かったけれど、行ってよかったし後編も行く。

来年の論文に書く資料にさせてもらおう。。。

 

どれだけむごいことがどれだけ顕在化していないかと考えると胸が引き裂かれそう。

 

そのあと、駅でナンパされた。

誰かに声をかけられたらいつも話しを聞く。困っていたらわたしにできることだったら助けたいから。

ほんとうに嫌だ。あの欲望で渦巻いた目を見るのが。

 

その女性と帰りながら連絡取り合っていたので、気持ち悪くなってしまったというと、すぐ電話してくれてた。「わたしも人に声かけられたら無視できないけれど、女ってだけで気をつけなきゃいけないことが多すぎるよね...もう少し考えて対応できるようにしようね」と言われた。

 

女だから、男だからとかそういうことってほんとうに言いたくないよ〜

助け合って支え合おうよ〜みんなで...

2018/07/18 太陰太極だあ

偶然自分のアルバイト先にわたしが友達と飲みに行ったとき、隣のお姉さまとお話ししたら、そのかたが区の法人団体で、ダメモトで熱弁したら、部下のかたに繋いで下さって打ち合わせに行ってきた。

 

電話でなく直接お話ししたい旨を伝えると、すぐ対応してくださって嬉しかったし、打ち合わせもとても意思疎通できたと思う。

そしてそこでも熱弁をかましてしまった。一緒に仕事したいなあ〜。うまくいきますように。

 

 

 

その後アルバイトだった。

実のところ、このあいだの感染性胃腸炎になったのには心当たりがあって、それはbossの酒癖の悪さから始まるものなのだけど、今日お話ししたらboss自身が分かってた。

ヘラヘラされたのですごい怒った。でもちゃんと謝ってもらえなかった。でも、それ以上にお世話になっているのでもう忘れようと思う。

 

 

 

 

最後の方にお客さんに「変だね」って言われた。

本当に、「変だね」って言われるのが苦手だ。

 

拒絶され、踏みにじられた感覚に陥る。いつも。

 

具体的に言語化できないのなら言わないでほしいのですよ。あなたの言葉のイデアなんて誰とも完璧に合うことなんてないのだから。

 

酷いことを言っている感覚ないのかしら?

 

ないんだろうな...

 

 

「ただご飯食べに来ただけなのにこんなに笑わせてくれてありがとう」っておっしゃったけれど、もうわたしの心には全然響かなかった。

 

好いてくださっているのは分かっている。だからこそ傷ついてしまう。

 

 

思い出した。舞台でわたしは照明を担当させていただいたのだけれど、その隣の音響担当の作曲家さんからのメールを。

あと、お傍にいさせていただいたときにいつもおっしゃっていただいた。

「めぐちゃんが持っているものは捨てちゃダメだよ。その分苦しいこともたくさんあると思うけど、持ちたくても持てない人もいるから。」

穏やかなかたなのに、そのときだけは強い口調で言われてびっくりした。

そしてちょこっとだけメールから引用...こんなことしたら怒られるかな。

「子供が大きくなった時にもう一度、ちゃんとめぐちゃんとの出会いと言葉を伝えて渡したいと思います。」

わたしの宝物をおそれおおいけれどおこさまに差し上げたの。

...

 

 

そうだ、だから自分らしくいつでもいようって思ったんだった。

どこでもね。自分を隠さず。何もおそれず。

それは生きずらさにもつながると思うけれど、わたしの人生はわたしのものでしかなく、わたし以外の誰にもわたしの人生の舵をとる権利なんてないんだよな。

 

...

すこしショックだったけれど、自分らしくいるための代償なのかもしれない。

楽しい時間には変わりなかったとも思う。そうだ、それに「一緒にいて楽しい人だよね」とも言われたんだった。

しょんぼりはする。でもみんな笑ってたからもういいか。

 

なりたい人に近づいていっていると思う。

楽しかった、元気をもらったって思って欲しいもの。

押し付けてはいけないのだけれど。

2018/07/17 お久しぶりです

誰かわからないけれど、確かに何人かに見てもらっているのがわかるのでとても嬉しい気持ちです。

わたしから見てって言った人もいるけれど。。。笑

 

自分が間違えて死んでしまったときのために書いてきたものだったハズなのだけれども、いつの間にか自分でさえ過去の自分が考えてきたことは無駄ではないと確信するものになりました。

 

ここ数日はとある舞台をお手伝いさせていただいていました。もうそれはとっても尊いかたがたの集団でした。お傍にいさせていただいていることが嬉しくてたまらなくて、毎日泣いていました。

とってもいい時間でした。

 

わたしたちは確かに目を閉じて山を登りました。それも別々のところから。手探りで進んでいくなか、ようやく巡り会えて、目を閉じているからまたはぐれたりもして...

でも確かに通じたものがありました。短くて長く、長くて短いものでした。

 

またわたしが間違わなければ巡り会えると思っています。

生きている間に存在を知ることができて、そして認知してもらえて、一緒の空気を吸い、一緒に呼吸を合わせた時間は忘れようとしても忘れられません。

 

ありがとう。

 

2018/07/11 走り書き

最近は文字を打つより人と会うのが優先だったので簡単なことしか書いていない。

 

悩みはありますか?と聞かれると、ほとんどない。

強いて言えば、感情欠落(寂しさ、嫉妬)と不眠症なくらい。

ぐっすり自分の力で眠れたことはこの数年でほとんどない。

実家に帰って、明け方5時に父親が起きてきた音だけで飛び起きおかしくなりそうになったくらいには支障をきたすものだと思う。そしてわたしを取り戻すまでに少し時間がかかる。いつかの恐怖。いつかの狂気。いつかの苦しみ。置いてきたにも関わらず、わたしを苦しめる。それはわたしにはコントロールできない。

 

いまは強い睡眠剤を飲んでかろうじて眠っている。

脳の機能を低下させる薬。

 

...

 

そして今日も薬のおかげで眠るのだ。

 

「パパは楽しい躁うつ病」を読みながら、ゲラゲラ笑いながら寝落ちをするのでしょう。そういう日々のつらなり。

 

北杜夫氏はわたしに元気と勇気しか与えてくれない。

日本で一番敬愛している。

 

 

わたしは生きている。

これからも生きるのだ。

2018/07/10 ひと段落

今日で少しやることが落ち着いた。

一昨日休んだおかげか、すっごく元気になった。

でも怒っている。政治の杜撰さかげんにね。どんどん日本人であることが恥ずかしくなっていく...。

お願いだからこれ以上恥ずかしい思いをさせないでほしい。

 

さ、切り替えて今日も1日頑張ろう。