2018/06/24 久方ぶりの休日

昔一緒に住んでいた女性と、その友人と豪華なご飯。

 

 

わたしは思う。友人に恵まれすぎだ。

一体どうしたらあなたがたと同じようになれるのだろうか。

(日本語よか英語の方がよっぽど使い勝手がいい。)

 

いつもわたしを褒めてくれる。

でもそれ以上に彼女が努力していることを知っている。一緒に住んでいたから尚更。対等でありたい。そのためにはわたしももっと精進しなければ。

 

目的を見失わず、生きたい。

 

追記

わたしは彼女以上の美貌と美しい心を持っている人を見たことがない。いつも一緒に歩いていると、ほとんどの男の人が彼女に釘付けなのになっているので面白い。

そんな人から、4年前に出会って以来ちょんちょん(と呼ばれている)より優しい人に会ったことがないと言われた。

生きていることが嬉しくて脱力する。

気合が入りすぎて3時に起きてしまった。

昨日は彼女から「羊と鋼の森」をプレゼントしてもらった。

あとは「blackbox」「国境なき医師団を見に行く」「海底二万マイル」上下を買った。

blackbox」は今後の課題制作にとって大切だと思ったし、何より伊藤詩織さんを日本から追いやった日本人がいるということを逃げずに向き合いたいので苦しむだろうが読む。「国境なき医師団を見に行く」は、今後の人生に必要だと思うので買った。

ヴェルヌ先生の本は初めて読むので楽しみだ。PTSDの症状がひどかったとき、「センター・オブ・ジ・アース」という映画を死ぬほど見ていた。ほとんどの映画を見ているときでさえ離人症的傾向であったのだけれど、この映画は私を正気に戻してくれるものだった。

 

大人がワクワクしているところを見るのは楽しい。

よく考える。自分よか少し上の人をよく見ている。なりたいと思うひとを見極めて、私もそうなりたいと思う。

年を重ねるって女性はdisられる。それって本当に変なことだ。美しく産まれて、年を重ね荒波に揉まれ、ときによごれきって、そしてまた美しくなるのだと思う。性別は関係なく。

 

毎日、今日も必死に生きましたと思う。亡き人に想いを馳せる。いま一緒に生きている人の無事を祈る。

無駄に生きたくない。美しい人を知っているから。

2018/06/24 早上がり

ここ3日間は体調が悪くて早上がりだ。

先ほどbossから電話がかかってきて、「早く体調を直せ。いつもは愛嬌のあるブスだが体調を崩すとお前はただのブスだ」とのこと。

 

bossは本当にわたしのこと好きだな〜。笑

 

 

隣人は同棲をやめてくれたが、違う方の隣人が始めるフラグが立っている。

 

わたしに東京は合わないのかもしれない。人の生活音を聴くのが好きではない。

 

わたしは一人が好きだ。おかしいことに友人は沢山いるけれど。

でもわたしは性被害の当事者だ。呪いが解けたと言っても、男女がいり乱れる音は好きではない。

 

しかし、隣人の事情を知らないように、隣人もわたしの事情なんて知るわけがない。

 

本来愛し合うことは素晴らしいことなのに、わたしは嫌いだ。

 

本当は静かに山奥で農業をして自給自足で一人で暮らしたい。

2018/06/23 口コミ

アルバイト先の口コミにわたしが書かれていた。

褒められていて嬉しい。

口コミは載せていないけど...。

「初めて店員が楽しそうにしていてよかったと書かれていた」と呟いていたのをわたしは聞き逃さなかったぜ。

 

ここ数日体調不良。飲みすぎたり、貧血になったり、具合が悪い原因はわかっている。昨日も早上がりさせてもらった。昨日は多分賞味期限が切れたラーメンを食べたから体調が良くなかった。

2018/06/22 年を重ねるってこういうことなのかな

いつか、ここに「20数年間生きてきて死にたいと思わなかったときがないからきっとこれからも思わない」と書いていたと思うのだけれど、それは違った。

 

何かに対して向き合わないと自分が壊れるのだ。向き合えないときもあるけれど、向き合えるときに向き合わなければ。

 

酷い痛みの多くが克服することはできないと思っている。克服っていう言葉、何だか苦手だ。でも前を見つめて進み続けることはできる。たまに後ろを振り返りながら。

 

昨日貧血で倒れて、ゼエゼエ言いながらも働き、帰っている道でふと生きていて楽しい、生きていてよかったと思った。生まれ変わってはいないけれど、まるで違う自分になった。

わたしはわたしの人生でよかった。この人生以外考えられない。

 

わたしは自分のことを受け入れて、好きになったのだと思う。

2018/06/19 嬉しい涙ってさあ

bossはアルバイトが終わると大抵まかない代わりに飲みに連れて行ってくれる。

本当に良くしてもらっているので、何だろう、地元の後輩みたいにあんまりにも可愛がってくれるので、「わたしはそんなにだれかに大事にされるような人間じゃないんです」みたいなことをオブラートに包んで話していたら、「まじでお前の過去とか興味ない。どうでもいい。」と言われた。

bossは嫌なつもり?で言ったつもりらしい。わたしの話しを結構していたから飽きたらしい。

 

わたしはそう言われた瞬間に言葉が出なくなってしまった。いつもじゃれあいのように口喧嘩するので「何だよ。何か言いたいことあるなら言えよ。」と言ってきた。そのときには涙が出て止まらなくなってしまった。

boss、あわてて申し訳なさそうな感じを出してきたけれど、わたしにとって”わたしの過去に興味なくて、いまのわたしと向き合ってくれる”ということがあんまりにも嬉しくて、嬉しさのあまり涙が出た。胸がいたかった。

 

悲しかったり辛かったりすると涙は出る。それは自己治癒能力の一つとされている。じゃあ嬉しくって泣いてしまうのはどうしてだろう。嬉しいからニコニコしていたいのに、男梅のキャラクターみたいな顔をして泣いてしまった。

bossはびっくりして早く泣きやめ、と言った。俺が泣かせてるみたいじゃないかと。

 

そのあと、「お前はいつも馬鹿みたいに笑っているし態度も良いけど、簡単な人生を歩んできたわけではないことは言われなくてもわかっていた」というニュアンスのことを言われた。

 

あ、今のわたしを見てくれている。ちゃんと見たうえで向き合ってくれている。その上でブスキャラにしたのか。笑

わたしのあだ名は段々ブスになってきている。愛があるブスだからブスと言われるのがこれまた嬉しくて仕方ないのだ。流石にbossしか言わないけれど。

 

 

 

後日、アルバイト先の先輩に「昨日bossに泣かされたんですよ〜」と言って、みんなでゲラゲラ笑った。

2018/06/18 わたしをおかしいなんて言わないで

普通は自分だけに通用するものだと思う。

 

わたしの日常はわたし以外の人からしたら異常にうつるかも。阿鼻叫喚という言葉が相応しいような過去がある。でもいまわたしはここにいて、ヒーヒー言いながらも頑張っている。頑張っているよわたしは。頑張ってない日なんてあんまりないよ。ベットからあんまり出られない日もあったけれど、それだって体が懸命に良くなろうとしているから動けなかっただけ。救ってもらった命だもの、自分をちゃんと管理することと、周りの人を支えること、自分がしたいことをできる力はあるよ。だっていろんな人が自分の命を削って、命がけで救ってくれた命だもの。

 

昨日は「映画を撮りながら考えたこと」「子どものための精神医学」「寝ながら学べる構造主義」「パパは楽しい躁うつ病」を買った。全部自分のためになるから。誰かを支える力を強化したいから。寄り添えるような人になりたいから。痛みをわかりたいから。

 

ただ余計なお世話やかえって迷惑につながることもあることなので、人と関わる時は慎重に、冷静に。今みたいに感情吐き出すみたいな感じはしない。求められたとき動けるように。そう思っている。

 

だからわたしをおかしいと言わないでほしい。変だって言わないでほしい。わたしは普通だよ。わたしが歩んできた道は模範的とはかけ離れているけれど、どうしようもない人間かもしれないけれど、わたしをおかしいなんて言わないで。

そのたびに思い出すから。今までされたことを。してきたことを。自分を殺そうとしたことを。

2018/06/17 思いの丈 学業編

四年生になったらなったでとりたいものが決まっている。二個あったうち、迷っていたけれどついこの間決めた。まだ誰にも言っていないほう。すごく素敵なものがとれると思う。わたしのためにとる。わたしがこれから生きていくのに前向きなほうをとる。

 

なんか結局人のためって言っていても、わたしのためになってる。前も言ったけれど。

 

三年の制作はかなりな地獄になると予想している。だから今はそのために武装している。馴化を狙って資料映像や文章を読んだりしている(今の所馴化の兆しは見られず、発作の兆しが見られる)。何の為に一年半も休学しているのか、すぐに死ぬことをやめたからじゃないか、幸せを受け取って痛みを感じないようになりたいからじゃないか、いろんなことを学びたいからじゃないか、お前の命は他の人を救ってくれた人のために使いたいんだろう、じゃあこんなところでベットで泣いていては進まない。

何の為に自分にとって有害な人の縁を切ったんだ、道が見えているなら途中でしゃがむなよ!

絶対にやってやる。本当に終わったらもうそこまでだ。それでいい。中途半端なことは何一つしたくない。

 

おじいちゃんの話を書こうと思ったら、自分の話になってしまった。笑