うふふ

ラ・ラ〜♪という気分。

少しずつ、取り返している気がする。

自分を。

でも取り返すだけじゃ嫌ね、

良い方向にパワーアップしないと。

まずは、良くなってきている自分を

嬉しいと自分なんかが思っていて

いいのだろうか...と

自分で思う気持ちをなくさないとにゃ。

 

3時に目が覚めて、どうしても炭酸が飲みたくなったので

自販機まで行ったのだけれど。

雨が止んだ時の匂いがして、うふふとなった。

夏は寝込みの季節なのであんまり得意ではないけれど

雨が止んだ時の夜は好き。

所沢は相性はあんまり...な土地だったけれど

今まで住んでいたどこよりも空気は澄んでいたから良かったな。

そして「今日がセミの鳴き声のピークだ」と感じ、

本当にその通りだった時のことを思い出した。

自分のすごいところ。唯一。

本当に面白くて。

この間、訳あって苦手というか

会いたくない人と会ったのだけれど

途中多分ストレスで吐いてしまったもの。

トイレでね...。

あはは。

最近、よく吐くな〜

しんどい時期は越したように思うけれど、

2週間くらい不正出血が止まらなくて。

見てもらったら、血がすごい溜まってますねと。

最近冷たいものを飲むと内臓が痛い気がしていたのだけれど

気のせいじゃなかった。

あはは。

色んな痛みに慣れちゃったから、

我慢じゃなくてもうわかんないんだ。

がはは。

何か問題あるのかな、見えないから探しにくいよ。

自覚している心は元気。

なんつうか、強迫観念的に、

死ななきゃいけないという気持ちが

あんまりなくなった。

 

それがすごいラクで、

死にたい、死ななきゃいけないと思わない人は

いいな〜とも思った。

15くらいから死にたいってずっと思ってたけど。

当時の自分はあんまりにも可哀想だ。

まわりにいた人も。

ありゃ病気よ、当たり前だけど

自分を破壊する力ってすごいわ...。

こんなにラクになってもいいの?

がはは。

母に、「父親よりいい男はいないよね」と言ったら

まあそうだよね...という顔をしたあと、

「いつもムカつくとか言ってるのに」と。

ムカつくけど最高にいい人だと思う。

家族の仲が悪かったときも、良い今も、

変わらず淡々と生きてるんだよなあ。

みんな悪い時は悪くて、良いときは良いと思っていたけれど

父親が悪い時は全然なかった。

思えば。

本当に人間なんだろうか...

 

...

早々に、生涯独身宣言を済ませたのだけれども

結婚とかそういうことについてどう思ってた?という話をしたら

「何にも考えずに結婚して子供産んだからな...」だって。

何にも考えていないなんてことないし、

ちょっと辛い時期は多かったけれど(終わり良ければすべて良し)

立派な人間だなと思う。

 

生きるために良心を綴っていくから

恥さらしポエムというタイトルだったのに

リハビリのために淡々と日々を描いているものになってしまった。

ガハハ。

広告を非表示にする

2018/02/22

昨日はジャック&ベティで『わたしたち』を見た。

良かった。

Netflixで見ていたら途中で止めていたと思う、

映画館で見て良かったねと母と話した。

帰りがけ、口紅を2本買った。

あと服も6着買った。ネットで。

それだけで感動してる、前はできなかったから。

いつか、またカフェにふらっと寄って、

くつろげるようになりたいな。

雑貨屋さんに何の意思もなく入って

何も買わずに出たい。

もう少し生活に色を取り戻したいな。

広告を非表示にする

2018/02/20

どうしてこう毎日悪夢をみられるのか

今日は、わたしのことというスピーチを

クラスの前でするという夢だった。

クラス全員がスピーチをするもので、

わたしはトラウマがもたらすものというテーマで話した。

でもわたしの話を聞いてくれる人は誰もいなくて

頭にきて机を殴りながら「聞いて!」と叫び

ようやく静かになった教室でまた話を始めたけれど

今度はもう誰もわたしのことが見えないようだった。

朝、起きたとき、どうしようもなく気分が悪く、

後からこの夢のことを思い出せてホッとした。

夢の中のものは全部自分自身を投影しているようだ。

 

一応大学に在籍はしているので、

どうやったら人が聞きたくない話を

聞いてもらえるか

寄り添ってもらえる作品を

つくるにはどうしたらいいか

考えられたので吉。

 

 

 

 

広告を非表示にする

2018/02/19 2

言葉は毒にも薬にもなるのは間違いない。

でも毒と傷つけるは少し違う。

何も刺激のない言葉は他者の成長を妨害するという

考えもあることはわかるけれど

自己治癒力だけを頼りにしていたら

どこかでその分のしわ寄せが必ず来る。

言葉の扱いかたは難しい。

毒にも薬にもならないような言葉たちが

本来重要なのではないか。

そしてその言葉が誰かの胸にささる時

言葉としての力を一番発揮できる気がしてならない。

広告を非表示にする

2018/02/19

体の具合は悪いけれど、心の具合は大丈夫になってきた。

少しずつ何かをしようという気持ちが出てきている。

今はもっと良くなりたいと思う。

自分のことを醜いと思いたくないし、

自分のことを憎むのをやめたい。

でもその方法がわからない。

過去の自分の行動が生んだ結果を分析して

今後に活用することはできるから、

それを続けていくのがベストなのかな。

やれることをやっていったら、それが日々になるんだよね。

 

今日はガムを大量に食べて喉に張り付いて苦しいという夢を見た。

起きてしばらくしたら吐いた。

ゼリー食べたあとだったからくさくなくて良かった。

前だったら泣いて1日終わったけど、

へっちゃらになったので良し。

広告を非表示にする

2018/02/17

いびきをかく人が隣に引っ越してきた。

学生で友達が入れ替わり訪問してくる。

だがわたしは前のアパートで

とんでもないモンスターが隣人だったので

それに比べればわりと何でも大丈夫な気がする。

いびきは...仕方ないよなあ〜〜〜

音に人より敏感になってしまうのは症状の一つなので

ノイズシャットアウトイヤホン買おうかな。

いちいちお金が...

わたしの平和が...

 

自分にとって安心できる場所なんてないから

安眠なんて夢のまた夢じゃ

夢といえば最近はじめて熱くて悲鳴をあげる夢を見た

周りは火の海だった

 

いつも目が覚めて思うけれど

自分の想像力を超える悪夢を見続けるので

自我以外のものに関心する

広告を非表示にする

2018/02/13

大学を復学するか休学するかの書類を出さなければいけない日が近づいてきた。

あと一週間足らずで申請しなければならず

現実的に考えてもう少し休学したいと

ようやく母親に話せた。

 

ほとんどの過去のことを笑えるけれど

どうしてもどうしても深くて癒えることがない傷と

まだ向き合いたくて

何を言っているのかと思うかもしれないけれど

わたしはわたしを、自分が納得いくまで取り戻したい。

もう二度と壊れないようにしたい。

広告を非表示にする